So-net無料ブログ作成
検索選択

伊丹安廣氏と「なんじゃもんじゃ」 [会員コラム]

 先月の第28回福岡栄城会では早稲田大学野球部前監督・岡村猛氏(西高9回生)による記念講演がありましたが、その中で佐中の大先輩である伊丹安廣氏の事も触れられていました。
 母校のグランドバックネット裏には、同氏を顕彰した「一球無二」の碑が昭和53年8月に建立され、周囲に「なんじゃもんじゃ」(和名 ヒトツバタゴ モクセイ科)が植えられています。
伊丹安廣氏顕彰碑.jpg

 伊丹安廣先輩は旧制佐賀中学校野球部で活躍、野球部ユニホーム「EIJO」の発案者です。
EIJOユニホーム 甲子園.jpg
           *昭和33年8月、佐高野球部 甲子園出場。
 その後早稲田大学に進み、野球部捕手として活躍し大正15年春季リーグでは首位打者になってます。卒業後は東京倶楽部で選手として都市対抗野球連覇に貢献、昭和15年から4年間、早稲田大学野球部・監督を務め、戦時下の学生野球存続に尽くされました。
 戦後、日本高等学校野球連盟と全日本大学野球連盟を傘下に置く、公益財団法人日本学生野球協会の前身である日本学生野球協会設立に深く関わり、また当時接収されていた神宮球場の返還に尽力、返還後は明治神宮外苑長として、明治神宮の環境整備やスポーツ施設の改修拡充を進め、また学生野球とプロ野球の共存共栄を推進されました。
 その後、日本鋼管や東芝の監督を歴任、昭和52年10月永眠、翌昭和53年に特別表彰で野球殿堂入りしています。
 *野球殿堂博物館  http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/detail/detail_059.html
 
 伊丹安廣先輩 エピソード①
 早稲田大学野球部時代の昭和2年アメリカに遠征し、当時のペナントや交流戦を行った米国の地名が記された品など4点を収めた額が、現在母校に寄贈されている。
 *早稲田大学野球部は明治34年に創部。安部磯雄教授(福岡県出身)・初代部長のもと翌明治35年に戸塚球場(後の安部球場)を造営、創部4年目に対抗試合に全勝優勝し、当時の大隈重信総長に掛け合い、日露戦争・日本海海戦の年にアメリカ遠征を実現している。
 *安部磯雄氏は伊丹安廣先輩の恩師であり、昭和21年日本学生野球協会初代会長に就任。昭和24年2月永眠、葬儀委員長は片山哲。昭和34年特別表彰で野球殿堂入り、「学生野球の父」と呼ばれています。
 
 伊丹安廣先輩 エピソード②
 昭和7年秋から2年間、埼玉県立旧制川越中学校・飯田教諭からの要請を受け、監督に就任。現在埼玉県立川越高等学校には、飯田先生顕彰碑が建立され、「なんじゃもんじゃの木」が植えられおり、碑の裏には「伊丹安廣氏・寄贈」の高札がある。
 *埼玉県立川越高校野球部 http://kawagoeob.wixsite.com/baseball/iida 

 伊丹安廣先輩 エピソード③
 明治神宮外苑には「なんじゃもんじゃ(ヒトツバダゴ)」の木碑があります。伊丹先輩お気に入りの樹木花です。
 ところで、福岡県芦屋町内の岡湊神社は「なんじゃもんじゃの社」で話題になっています。
岡湊神社 1.jpg
岡湊神社 2.jpg

 ここにある「なんじゃもんじゃ」の主木は樹齢約50年で、現宮司が明治神宮を退職した記念に、当時の明治神宮外苑長であった伊丹先輩より贈られたものです。
岡湊神社 説明版.jpg

*芦屋町ホームページhttp://www.town.ashiya.lg.jp/view.rbz?cd=1017  
 岡湊神社は全国の神社・学校・公園に「なんじゃもんじゃ」の株分けをしており、母校の「なんじゃもんじゃ」が枯れた際、当神社から株分けされた木が現在育っているようです。
*佐賀新聞社 http://www.saga-s.co.jp/column/ariakesyou/178962

芦屋町 あしや砂像展2016.jpg

   *芦屋町では「あしや砂像展2016」が11月6日まで開催中。

*2016佐賀熱気球世界選手権が11月6日まで開催中。http://www.sibf.jp/
佐賀バルーンフェスタ.jpg
目標に向かうバルーン.JPG
バルーン 刈田に着地.JPG


*佐賀バルーンミュージアムが10月1日にオープン!!
   http://www.sagabai.com/balloon-museum/main/
佐賀バルーンミュージアム.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。